メニュー

ふうふや本店 ブログ

妊娠中は体重計とお友達

2021.01.21
こんにちは♪
 
助産師 ユミです^ ^
 
 





今回は
妊娠中に体重が増えすぎることで起きる
難産
についてお話ししようと思います。






次回以降は
体重が増えすぎることでリスクの高くなる
・妊娠高血圧症候群
・妊娠性糖尿病
についてそれぞれ回を分けてお伝えしようと思いますので
ぜひお付き合いください♪








 
●妊娠中の体重はなぜ増える?●
妊娠中は
つわりで食事が思うように食べられず苦しい思いをしたり
つわりが終わったら好きなものを食べられる嬉しさに
ついつい食べ過ぎてしまったり(^^;)

食事の嗜好が変わったり
お腹が大きくなってきて食事が思う様に食べられなかったり…

と、食べることに関して色々な経験をする方が多いのではないでしょうか。



 
妊娠中の体重増加の目安は
妊娠前の体型(BMI)などによって
それぞれで変わってくることは
親子手帳に載っていたり
通院中の病院から説明されることも多いかと思います。



 
教科書的には
赤ちゃんの体重3kg
胎盤が500〜600g
羊水量が約500ml
ママの体に流れている血液の量も
お産の出血に備え増えていきます。
 
ある程度の体重増加は当たり前だということですね。
 
 
では
なぜ体重が増えすぎるといけないのか?






「難産になる!」






 
とパッと思いついた方が多いかと思います。
 



そうです!
難産になる傾向があります。









 
●なぜ難産なるの?①●
その理由のひとつとして
赤ちゃんが大きくなりやすいということ!
ママが食べた物が消化されて
消化された栄養のうちの
「グルコース(糖)」
は赤ちゃんの成長の大切な栄養源となります。



妊娠中のママの身体は
赤ちゃんがしっかり成長できるよう
自分にグルコースを取り込むよりも
赤ちゃんに供給できるようなシステムになっているんです。



なので
ママが必要以上に糖分を摂ると
赤ちゃんへも胎盤を通して運ばれていくことになり
大きくなりやすくなります。








●なぜ難産なるの?②●
そして
理由の二つ目に
増えたママの脂肪は
見た目だけでなく
赤ちゃんの通り道である産道にも付いてしまうんです(>_<)
 
産道に脂肪がつくと
その分通り道が狭くなってしまい
赤ちゃんが通り抜けてくるのに時間がかかってしまうのは
想像できるかと思います。


 
私がお産につかせてもらったママ(妊娠中に約20kg増えていた方)が
「こういうことだったんですね。
妊娠中から体重増えすぎだよって言われてたのに。」
やっとこさ終了したお産の後につぶやいた言葉が今でも思い出されます^_^;
 





この二つの理由
・赤ちゃんが大きくなりやすい
・産道に脂肪がつく
が重なると
難産になりそうだ!
と分かって頂けたでしょうか(>_<)









●難産の影響●
赤ちゃんが産まれた後は
子宮は収縮していくことで出血を止めていきます。
しかし
お産に時間がかかってしまったり
赤ちゃんが大きく産まれると
子宮が疲れて収縮しにくくなり
その結果
ママの産後の出血も増えやすい傾向になることがあります。
その点も踏まえ
ママと
ママのお腹で育つ赤ちゃんに関わることだから
病院の先生や助産師は体重について言ってくるのだと
少しでも分かっていただけたら嬉しいです^ ^
とは言っても
食欲をコントロールするのは
簡単ではない事も多いですよね(^_^;)
だから悩む妊婦さんも多いのは事実!!
悩んだ時は
一人で悶々とせずに
通院中の病院の先生や助産師さん
病院によっては
栄養士さんが栄養相談にのってくれるところもあるので
ぜひ聞いてみてください!! 









次回は以降は
体重の増えすぎがリスクとなる
・妊娠高血圧症候群
・妊娠性糖尿病
について回を分けてお話ししますので
ぜひお付き合いください♪
妊娠中の悩みやお産についてのことなど
施術の際にお話しすることも出来ますので
お店まで足を運んでいただけると嬉しいです♪

最新記事

  • 2021.04.14

    お産の3つのポイント

  • 2021.04.08

    毎月21、22、23日『夫婦Day』始めます♪

  • 2021.04.06

    パートスタッフ募集

  • 2021.03.30

    おしるしはお産のサイン

  • 2021.03.25

    女性ホルモンの変化による症状