メニュー

ふうふや本店 ブログ

骨盤ベルトの役割

2021.03.06

こんにちは^ ^

 

ふうふや ユミです♪

 

 

産前産後のママ達は

「骨盤ベルト」

という言葉を

聞いたり

周りから勧められたり

耳にしたことはあるけどよく分からない

という方も多いのではないでしょうか。

 

その骨盤ベルトについて

・骨盤ベルトの役割

・骨盤ベルトの選び方

・骨盤ベルトの装着法

と回を分けてお話ししていこうと思います。

 

今回は骨盤ベルトの役割についてです。

 

 

●骨盤って?●

 

骨盤は

①腸骨

②恥骨

③坐骨

④仙骨

⑤尾骨

 

この5種類の骨で構成されています。

骨盤ベルトを着けるときに大切な

・恥骨
・腸骨



骨盤ではないですが

・大転子

の位置をぜひ覚えておいてください^ ^ 

 

 

骨盤は人の身体を支えるための重要なもので

例えるなら

両足が家を支える地下の杭

骨盤が家の基礎

背骨が大黒柱

といった関係です

 

土台となる骨盤がグラグラだと

しっかり立っているはずの両足も

左右バランスよく支えることができないし

 

骨盤が不安定なら

その上に続く背骨もグラグラとして

頭までしっかりと支えることができません。

 

二足歩行の人間の骨盤は

チンパンジーやゴリラよりも

すごく頑丈だと言われています。

 

それだけ

重力のかかる身体を

真っ直ぐと支えるというのは

実は大変なことで

二足歩行へ進化する中で人の骨盤は強くなったんですね。

 

 

 

●骨盤底筋群●

 

骨盤を語る上で

もうひとつ忘れてならないのは

骨盤底筋群

と言われるいくつかの筋肉と靭帯で構成されるものです。

 

少し耳にしたことがある方もいらっしゃるかと思います。

 

骨盤底筋群は

骨盤と子宮や膀胱、腸などの

臓器を支えているハンモックのようなイメージ

 

このハンモックがしっかりしていると

上から重さや力が加わっても

しっかりと支えることができます。

 

しかし筋肉の力が弱いと

伸びたハンモックになってしまい

骨盤や臓器を上手く支えきれなくなります。

 

特に女性は男性に比べ骨盤底筋が弱いと言われています。

 

理由として

男性は尿道と肛門だけですが

女性はそれに加え膣があるので

その部分の骨盤底筋の穴がひとつ多い

と言うことと

ライフイベントとして

妊娠・出産を経験すると

骨盤底筋の受けるダメージがあることです。

 

妊娠では

リラキシン

と言われるホルモンの影響で身体が緩みやすくなっていますし

赤ちゃんの成長とともに骨盤底筋に重さが加わります。

(骨盤底筋群に少なからずストレスがかかっている状態)

 

女性は骨盤底筋の弱さが出てくるのは

避けて通れないことが多いのです。

 

他にも

男女問わず

昔の人よりも現代人は骨盤底筋が弱いと言われています。

生活様式が和式から様式へ変化したことが大きな原因です。

 

そんな現代だから

骨盤ベルト

と言うアイテムが出てきたわけですね。

 

 

人の身体を土台の役割としての

骨盤

を支えている

骨盤底筋群

とても重要な働きをしていることがお分かりいただけたと思います。

 

 

 

●骨盤ベルトの役割●

 

 

今お話しした

骨盤がグラつかないように支えてくれている

骨盤底筋群の働きをサポートしてくれるのが

骨盤ベルトです。

 

妊娠中はホルモンの影響で体が緩みやすく

赤ちゃんの重みで骨盤にかかる重さも加わるため

骨盤ベルトで骨盤を支え

グラつかないようにすると

身体の土台がしっかりとするので

身体の動きやすさに差が出る方もいらっしゃいます。

 

また

お産直後は出産で受けた骨盤底筋群のダメージが大きい時期です。

今までうまく骨盤を支えられていたけど

そうもいかないのがこの時期でもあります。

 

プラスして

赤ちゃんの育児も始まりますから

骨盤底筋の弱さが影響する身体の不調が出やすい時期にもなります。

(腰痛、恥骨痛、膝の痛みなど)

 

この時期は

骨盤を支えるサポートをしてもらうため

骨盤ベルトを使用して

育児がしやすい身体にすることも良いと思います。

 

 だから産前産後の人は全員骨盤ベルトをしましょうー!!

 

と言うわけではありません

 

身体の不安定感がありベルトを使用して

体が動きやすくなったとメリットが大きければ

使用する選択をしてもいいと思います。

 

しかし

腰痛や恥骨痛などの痛みがあって

「妊娠中は身体が緩むから骨盤ベルト試してみるといいよ」

とアドバイスをもらった経験がある人は多いのではないでしょうか?

 

実際

装着して痛みが軽減するなら使用してもいいですが

痛みが強くなったり

痛みが改善しない

と言うこともあります。

 

その時は

緩みだけでなく

他に歪みなど他の原因があることも考えられます。

この場合は

他の原因を取り除く必要があります。

 

 

他にも

 

「骨盤ベルトは良いって言うしな。。。」

 

と周りに勧められたから買ってみたけど

いまいち付けた感じがしっくりこない

と言う方も多いです。

(だいたい買っても使わないパターン^^;)

 

 

ベルトが正しく装着できているのか

と思う場合は

通院中の病院へ相談してみてください。

 

私のブログでも

次回

「正しい付け方」

を伝えします♪

 

もし可能であれば

購入前に試着してみることをお勧めします。

 

病院によっては骨盤ベルトを扱っていて

購入前に試着や装着方法を聞くことができることもあるので

自分で購入する前に

一度助産師に相談するのも良いと思います。

(全部の病院ではないので通院先に確認してみてくださいね。)

 

 

 

●骨盤ベルトは絶対!ではない?!●

 

「骨盤底筋群がちゃんと使えたらベルト要らないってこと?」

と思われた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

そうなんです!

骨盤底筋群を正しく使えていたら

自分の力で骨盤を支えられるので

ベルトをせずとも身体の土台がしっかりとつくれると言うことです。

 

しかし、

骨盤底筋は意識的に使うことが難しく

正しく使えているか自分で判断することも難しいんです。

そして確実に評価するには対面でする必要があります。

(全体の3割の人は間違った使い方をしている!)

 

残念ながら

産科現場に勤める助産師でも

その評価の仕方が分からない人が多いと思います。

(私も2年前に学ぶまで知りませんでした^_^;)

 

 

ふうふやのインスタグラムでご紹介している

おまたケアでは

この骨盤底筋群を効果的にトレーニングできるようお伝えしています。

ぜひ参考にされてください!!

 

 

また

ふうふやで施術を受けた際は

必ず骨盤底筋の使い方の評価(骨盤底筋に触れたりエコー下で確認)と

トレーニングの説明を行います。

 

自分の骨盤底筋がどうなっているのか?

気になる方はぜひご来店ください!!




施術しながら、妊娠中・産後の悩み、赤ちゃんについての相談もできます♪

身体も心もスッキリしましょ−^ ^



最新記事

  • 2021.04.14

    お産の3つのポイント

  • 2021.04.08

    毎月21、22、23日『夫婦Day』始めます♪

  • 2021.04.06

    パートスタッフ募集

  • 2021.03.30

    おしるしはお産のサイン

  • 2021.03.25

    女性ホルモンの変化による症状