メニュー

ふうふや本店 ブログ

骨盤ベルトの着け方

2021.03.24

こんにちは^ ^

 

ふうふや ユミです♪

 

骨盤シリーズ第3弾になりました!

 

・骨盤ベルトの役割

・骨盤ベルトの選び方

 

とお伝えしてきましたが

今回は

 

・骨盤ベルトの着け方

 

についてです^ ^

 

 

「買ったはいいけど着け方が分からない!」

「着け方当ってる?」

「着けるけどしっくりこない。」

「ベルトが食い込んで痛い。」

 

などなど

骨盤ベルトの付け方に関してたくさんの質問を受けてきました。

 

今読んでくださっている方の中にも

同じ思いをしている方がいるのではないでしょうか。

 

このブログが悩み解決になってくれると思いますので

ぜひ参考にされてください♪

 

 

●巻く位置●

 

まずは椅子に座った状態か両膝立ちでベルトを装着します。

装着する位置は

大転子と恥骨を通るラインです。

 

 

●巻く強さ●

 

巻く強さは

自分の手のひらが1枚入る程度の締め具合です。

もしそれでもキツく感じるようでしたら

自分の気持ちいいと感じる程度に巻き直してください。

 

 

●仰向けで膝ユラユラ●

 

次に仰向けになり

お尻〜腰の下にクッション入れ


頭よりもお尻側が高くなるようにします。

立っている時よりも寝た状態だと筋肉の力が抜けているので

寝ている時の方がより骨盤をしめやすくなりますし

子宮や膀胱などの内臓の位置をあげた状態で骨盤を支えると

子宮や膀胱が下がってきにくくなることが期待できます。

 

この状態で5分程度過ごしてみてください。

 

この時に逆子体操でもご紹介したように

両膝をユラユラと動かすと

(太ももの筋肉を使って一生懸命動かすのではなく

股関節から楽に動かしているようなイメージ)

子宮が上がるのを促してくれたり

股関節周りの違和感が軽減したりという効果が期待できます。

 

骨盤ベルトにゆとりが出てきたら手のひら1枚入る程度に締め直してください。

 

 

 

●さらしをベルトの代用にする場合●

 

前回ご紹介したさらしをベルトの代用にする場合

長さは2.5〜3m

幅は4つ折りにして7〜8cm

にします。

→さらしは5〜10メートルで売られていることが多く
 結構な長さがあります。
(幅は大体34cm)
 幅は4つ折りにして7〜8cmにして使います。

 

さらしはそのまま使うパターンと

二つ折りにして使うパターンがありますので

それぞれでご紹介します。

 

まずそのまま使うパターンですが

①後ろから前に巻く

②前から後ろに巻く

パターンにさらに分かれます。

 

どの巻き方がいいのか

実際にどのパターンも試してみて

自分が

「気持ちいいな」

「楽だな」

と思う巻き方を選んでください^ ^

 

 

①後ろから前に巻く

 

②前から後ろにまく

 

 

③二つ折りにして巻くパターン

 


骨盤ベルトの巻き方についての疑問が

解決するきっかけとなれば嬉しいです^ ^ 

 


 産前産後は必ず骨盤ベルトをしてくださいね♪


と言っているわけではありません!!!!

 

ベストは

自分の骨盤底筋群で自分の身体を支えられることです!

 

自分の身体には必要なのかどうなのか?

判断して使うことが大切になってきます^ ^

 

自分の身体のことや

骨盤ベルトのことで悩むことがあれば

ぜひ相談してください♪


最新記事

  • 2021.09.30

    【ご報告】11月からお客様が受けやすい形に変わります♪

  • 2021.08.15

    施術スタッフで正社員・管理職コース募集

  • 2021.08.15

    託児業務可能なパートスタッフ募集

  • 2021.08.13

    ふうふや求人情報♪

  • 2021.06.30

    ふうふやとの出会い