メニュー

ふうふや本店 ブログ

アロマで妊娠線ケア♪

2024.02.07

おはようございます♪

ふうふやのジュンコです!

 

最近、ふうふやではご妊娠中の新規のお客様が増えています♪

お客様との会話の中で、やはり気になるのは『妊娠線のケア』とのことでしたので、アロマでお勧めのケア方法をお伝えしますね(^-^)

 

妊娠線予防だけでなく、産後の皮膚のたるみなどのケアにもお勧めなので、産後のママさんも試してみてくださいね。

 


アロマでもできるおすすめの体調管理方法をご紹介します♪

 ①妊娠線ケアへアプローチする精油

 ②妊娠線ケアへおすすめの使い方

 

 

 

 

①妊娠線ケアへアプローチする精油

 

妊娠線とは

妊娠でお腹が大きくなったり、急な体重の変化で現れるスイカの縞模様のような線。いわゆる『肉割れ』線です。

出始めは、ピンク色や赤紫色などで、時間と共に黒ずんでいき、産後はだんだんと白くなって目立ちにくくなっていきますが、完全に消えることはありません。

 

妊娠線予防には

・急激な体重増加を防ぐ!

・できやすい部分の保湿&マッサージです!

 

 

今回は、お肌再生作用、傷を目立たなくしてくれる作用のある精油をご紹介。

お肌引き締め作用もあるので、産後皮膚のたるみが気になる方にもお勧めです♪

 

ラベンダー・アングスフォリア

 瘢痕形成作用(傷跡を目立たなくする) ★★★★

 皮膚再生作用 ★★★

 

ゼラニュウム・エジプト

 お肌引き締め作用 ★★★★

 

プチグレン 

 瘢痕形成作用(傷跡を目立たなくする) ★★★

 皮膚再生作用 ★★★

 

ホーウッド

 皮膚強壮作用 ★★★

 お肌引き締め作用 ★★★

 

 

 

②妊娠線ケアへおすすめの使い方

《注意》精油は、植物の成分がギュッと濃縮したものになります。

 基本的に、精油原液のままで肌に触れるような使い方はしないでくださいね!

 

アロマオイルで保湿

ホホバオイルやスイートアーモンドオイルなどの植物油に精油を薄めて、お肌に塗り軽くマッサージで馴染ませます。

お肌が乾燥しやすい方は、シアバターなどを混ぜて保湿力を高めるのもお勧めです!

 

《アロマオイルの作り方》

・スポイトタイプ、ポンプ式の容器 20ml

・植物油 20ml

・お好きな精油 6滴

 

 《妊娠線できやすい部位》

・お腹

・足の付け根

・太もも

・お尻

・胸

・二の腕

・脇の下

 

《アロマオイルの塗り方》

 お腹

 時計回りの円を描くように優しく撫でます。

 

 その他

 心臓に向かって、撫でるようにオイルを塗り馴染ませます。

 

 

妊娠線は早くて妊娠6ヶ月頃、多くは8ヶ月頃からできやすくなります。

その前から保湿を習慣にして、お肌を柔らかくしておくことがお勧めです(^○^)

 

 

 

 

 ふうふやでは上記の精油を使って、アロマクラフトオイルも作成できます!

ご来店時に、スタッフへお声かえください。

精油を買い揃えるのは、なかなか大変(汗)

気軽に作れるアロマクラフトオイルで、ご自宅でのセルフケア始めていきましょう♪

 

《オプション》

アロマクラフトオイル 

10ml  2,200円

 

(個数限定)

20ml 3,300円 

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

妊娠中、産後の生活もより楽しめるよう、アロマもぜひ活用してみてくださいね♪

 

 

最新記事

  • 2024.06.10

    【ママの『産む力』をUP】安産に近づくための簡単ストレッチ

  • 2024.04.11

    【母の日ギフト】ふうふや時間で伝える『ありがとう』

  • 2024.02.28

    ⭐︎不安がいっぱい新生活におすすめ精油⭐︎

  • 2024.02.22

    ⭐︎ 出産をサポートするアロマ ⭐︎

  • 2024.02.14

    むくみバイバイ♪妊娠中から使えるアロマブレンド